脱毛期間中に気をつけるポイント

脱毛期間中に気をつけるポイント

脱毛すると、よりお肌が敏感になってきます。
そこで、脱毛期間中に気をつけるポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

日焼けをしない

レーザー脱毛の施術後は、特に肌が敏感になっていますので、施術者の注意を良く聞いて、とくに直射日光に肌をさらさないように気をつけましょう。

 

夏でも、施術した部分を露出しないで、長袖などを着用して、肌に刺激やシミ、そばかすのもとを作らせないように注意することです。
肌表面にはこまめに日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

施術した当日は、お風呂に入ったり、サウナなど、肌に負担や刺激を与えることはしないようにしてください。
せっかく毛乳頭に刺激を与えて、メラニン色素の細胞を焼き切り、コラーゲンの生成を促進して美肌になる過程なのに、そのデリケートな時期の肌をより過酷な条件下にさらすのは厳禁です。

 

毛抜・ワックスやクリーム脱毛はNG

いまの医療レーザーはとても性能がいいので、赤みや腫れ、そして痛みさえすくない施術が可能ですが、やはり肌はとてもデリケートになっていますから、よく肌を観察して問題がある場合は、すぐに施術者や担当医に相談してください。

 

次回の施術までには、やはり毛抜き、ワックス、クリームを使って脱毛処理をしないで、シェーバーなどを使いつつ、お手入れをして次の施術に備えてください。

 

汗をあまりかかないように

光脱毛も、照射した当日の肌はとてもデリケートです。
また、汗をかきやすくなるなどの脱毛の副作用も報告されることがあります。
赤みや腫れ、トラブルが起こったときは、まず脱毛サロンに相談してみてください。

 

提携している医療クリニックなどに紹介してくれることでしょう。
もちろん、脱毛中の直射日光は厳禁ですし、脱毛期間中のムダ毛の処理は、シェーバーでのお手入れがすすめられます。
肌を清潔に保ち、運動後も汗をしっかり拭きましょう。

 

医療レーザー、そして光脱毛両方とも、この脱毛施術を受けることによって、繊維芽細胞が活性化し、コラーゲンが沢山作られるようになり、美肌効果があります。
また表皮内でメラニンを多く含むシミやソバカス、くすみなどもマイルドに改善してくれますので、美白効果も期待できます。

 

本当に紫外線にだけは気をつけるべきですが、施術直後を除き、とくに日常的に気を配る点、神経質になりすぎる点はありません。